2016年2月10日水曜日

七草粥のレシピ

七草粥とは



七草粥とは?


1月7日「人日の節句」の日であるに、7種類の野菜が入ったおかゆを食べる風習のこと。とあります。


七草粥を食べて一年間の無病息災を願う。
七草は『セリ、ナズナ、ゴ(オ)ギョウ、ハコベラ、ホトケノザ、スズナ、スズシロ』が入っていますが、地方によって入れる食材は異なるそうです。

例えば、小豆や鰹節、ニンジンなど本当に様々。毎年他の地域のお粥を作っても楽しいかもしれませんね。

どの地域でも、お粥といったベースはほとんど変わらないので、
お正月に荒れた胃袋を、やさしい草粥で癒してあげましょう。


それでは、ノーマルな七草粥のレシピを紹介します。


材料


  • 七草
  • ご飯
  • お餅




  1. 七草を包丁で細かく刻みます。
  2. 好みによりますが、お餅も一口サイズにカットしておくと、食べやすいかもしれません。
  3. ご飯にお湯を注ぎ、煮立てお餅と七草、塩を入れ 好みの柔らかさになるまで煮込んだら完成です。


味が足りない場合には、ごま油を垂らしたりしても美味しく、アレンジは自由自在。